ブレーカ・開閉器・端子台

質問をクリックいただくと、回答が表示されます。

Q1
MCB、MCCBとは?

A1

MCB・MCCBはMolded Case Circuit Breakerの略称で、配線用遮断器(サーキットブレーカ)を表します。

Q2
ELB、ELCBとは?

A2

ELB・ELCBはEarth Leakage Circuit Breakerの略称で、漏電遮断器(漏電ブレーカ)を表します。

Q3
インバータ用にブレーカを取付する場合の注意点は?

A3

インバータの高調波成分による特性変化を考慮し、ブレーカの定格電流は、約1.4倍のものを選定して下さい。
また、モータ制御等の高調波成分を多く含んだインバータ回路に完全電磁式ブレーカを使用すると著しく温度が上昇してしまいます。高調波成分を多く含んだインバータ回路には、熱動_電磁式のブレーカを選定してください。ブレーカはインバータの二次側で使用できません。

Q4
漏電ブレーカは高調波・高周波対応済みですか?

A4

高調波電流重畳引外し試験、高周波電流重畳引外し試験など、JIS C 8201-2-2,JIS C 8221,JIS C 8222に基づき、漏電ブレーカが不要動作のないことを確認しております。

Q5
中性線欠相保護付きブレーカとは?

A5

単相3線回路で、中性極の断線や接続不良(欠相)が発生すると、AC100V回路の機器に異常電圧が印加されて、電圧耐量の小さい機器では絶縁劣化や焼損事故に至る場合があります。このような事故から負荷機器を保護する機能が付いたものが、中性線欠相保護付きブレーカです。過電圧検出リード線を負荷側の中性極導体に接続することで、その接続位置から電源側の欠相を検出します。過電圧検出の動作電圧はAC120VからAC135Vで、動作時間は0.5秒以内となります。

Q6
漏電ブレーカの地絡保護協調とは?

A6

幹線用、分岐回路用共に高速形を使用し地絡事故(漏電)が起こった場合、地絡電流の大きさによっては幹線用漏電ブレーカが動作し、他の健全な回路まで停電してしまいます。
幹線用に時延形、分岐回路用に高速形を使用することにより地絡事故に対して選択保護協調を取ることができます。

Q7
3極漏電ブレーカの単相2線式回路に使用する場合は?

A7

中極を使用せずに、左右極に接続すれば使用できます。漏電検出用の電子回路電源を遮断器内部の左右極から取っているため、必ず左右極に接続してご使用ください。なお、単3中性線欠相保護付ブレーカは、単相2線には使用できません。

Q8
漏電ブレーカは太陽光発電システムの逆接続に対応可能ですか?

A8

太陽光発電システムなど系統連系用に限り逆接続可能型として使用可能です。太陽光連系用として逆接続可能な機種は、GK53WN、GK63WN,GK103WN、GE103NA、GE153NA、GE223NA、GE403NA、GE53WC、GE53C、GE63C、GE103CA、GE53A、GE63A、GE103A、GE153A、GE223、GE253となります。
※一般商用回路で逆接続には使用できません。

Q9
ブレーカの寿命や取替え時期は?

A9

ブレーカの更新推奨時期と開閉耐久回数については下記の「更新推奨時期と寿命について」をご参照願います。(ブレーカカタログ218ページにも掲載しております。)

Q10
ブレーカを日常的なスイッチとして使用可能ですか?

A10

推奨しておりません。ブレーカの本来の役割は過電流を遮断して電線を保護することにあります。日常的なスイッチとしてのON/OFF操作を行う場合は、ブレーカと負荷機器の間に別のスイッチ機器を設けてご使用ください。

Q11
購入したブレーカを落下させてしまった。使用可能ですか?

A11

交換することを推奨しております。ブレーカはJIS Z 0200【包装貨物―性能試験方法一般通則】に則って梱包状態で落下試験を行い性能を確認しておりますが、落下姿勢や高さによっては機能・性能に影響を及ぼす可能性があります。

Q12
旧型番ブレーカの品名記号から現行ブレーカが判る資料はありますか?

Q13
ブレーカに圧着端子は付属されていますか?

A13

付属しています。ただし100~225AFまでのブレーカに限られます。

Q14
電子式ブレーカは商品としてありますか?

A14

過電流引外し方式が電子式のブレーカはございます。機種はNE1003SA、NE1253SAのみとなります。

Q15
海外認証を取得したブレーカはありますか?

A15

ございません。

Q16
裏面形ブレーカを表面形に変更可能ですか?

A16

変更はできません。
端子部のナット受け用プラ部品を裏面形仕様にする際、切り離してしまうため、元に戻すことはできません。

Q17
漏電ブレーカにおける漏電保護機能の動作可能な電圧変動範囲は?

A17

下表の「漏電保護機能の動作可能な電圧変動範囲」をご参照願います。
(ブレーカカタログ77ページにも掲載しております。)

Q18
警報スイッチやテストリード付きのブレーカはありますか?

A18

対応可能です。
下表の「ブレーカ内部付属装置」をご参照願います。
(2017-2018総合カタログ886ページにも掲載しております。)

Q19
感震機能付ブレーカは単相二線でも対応可能ですか?

A19

サーキットブレーカタイプに限り対応可能です。
NE53C-MGU、NE63C-MGU、NE103CA-MGUであれば単相2線(中性極抜き2P)でも、ご使用いただけます。

Q20
ブレーカの端子ネジを紛失しましたが購入できますか?

A20

購入可能です。
下表の「ブレーカ 補修パーツ(端子ねじ)一覧表」をご参照願います。
(2017-2018総合カタログ900ページにも掲載しております。)

Q21
ブレーカが短絡遮断した。このまま使用し続けても良いですか?

A21

短絡遮断したブレーカは速やかに新品に交換することを推奨しています。
盤標準化協議会「ブレーカが動作した際の処置について」もその旨、下記のとおり記載されています。
短絡とは、故障又は誤接続により電路の極間の接触(ショート)又は地絡により、大きな電流が流れることをいう。ブレーカの主目的は、このような回路を事故発生と同時に切り離すことにある。しかし、短絡電流の大きさによっては、電路及びブレーカに大きなダメージを与える場合がある。
動作後の正しい処置
動作後には点検・修理を工事店に依頼し、新品のブレーカと交換するのが好ましい。
原因を取り除かずに再投入をしない。

Q22
漏電ブレーカのメガ測定方法は?

A22

漏電ブレーカや、単3中性線欠相保護付ブレーカ等、内部に電子回路が組込まれているブレーカは、下図に従って絶縁抵抗測定(メガ測定)と耐電圧試験を行ってください。誤って電圧を印加した場合、電子回路の内部を破壊する恐れがあります。(ブレーカカタログ221ページの「取扱いと保守・点検/初期点検と定期点検」にも掲載しております。)