高圧受電設備

質問をクリックいただくと、回答が表示されます。

Q1
キュービクルのチャンネルベースのみ、先出し出荷は可能ですか?

A1

キュービクル筐体と一体型であるため、対応不可です。
納入現場の高さに制約が無ければ、先に架台ベースを製作(別途有償)し、現場設置頂き、その上にキュービクルを搭載する方法となります。

Q2
搬入経路が狭く、現地組み立てが可能なキュービクルはありますか?

A2

個別対応であれば対応可能です。
ただし、現地組み立ては非常に難しいため、弊社の技術サポートが必要(有料)となります。販売店様経由で弊社営業所までご相談ください。

Q3
キュービクルの底板に防虫網の対応は可能でしょうか?

A3

パンチングメタル仕様であれば可能です。
ただし、現地納品後の取付は対応出来ませんので、納入前にご指示願います。

Q4
認定品と推奨品の違いは?

A4

認定品と推奨品の主な違いは非常電源(隔壁)の有無です。
認定品には、必ず消防法で定められた消防負荷設備に接続するための「非常電源用ブレーカ」の設置が必要なため、非常電源(隔壁)なしの認定品キュービクルは、対応不可となります。
認定品キュービクルとは、消防庁告示7号および8号に適合した「非常電源専用受電キュービクル」で、弊社の場合、設備容量2000kVAまでの14機種を取得しており、取得型式全機種において太陽光発電設備への接続も可能です。推奨キュービクルとは、日本電気協会が品質・技術などを総合審査したものです。弊社の場合、設備容量500kVAまでの6機種を取得しています。
もちろん、認定品同様に取得形式全機種について、太陽光発電設備への接続が可能です。(総合カタログの「高圧受電設備・キュービクル」にも詳細を掲載しております。)

Q5
キュービクルから生じる電磁波は人体やペースメーカに影響しますか?

A5

電磁波(電磁界)は電界と磁界が相互に作用して組み合わさり、波となって空間を伝播する現象です。
電界、磁界に対して短期的なばく露影響から人を防護するよう、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)にて、ガイドラインが設定されおります。また、日本国内ではICNIRP ガイドラインより低い規制値が導入されております。
当社キュービクルにおいて、代表機種にて電磁界測定を行い、国際レベル及び国内レベルの規制値と比較したところ、キュービクルから発生する数値が低かったため、キュービクル周辺での人体に対する影響はないと判断しております。しかしながら、ペースメーカ等への影響については当社では回答しかねますので、製造メーカへお問合せしてください。