Home Distribution
boards
ホーム分電盤

ホーム分電盤

ホーム分電盤とは、電気を住宅内の照明やコンセントに供給するために設置されている住宅用の分電盤です。
過電流や漏電などの異常が発生すると自動的にブレーカが遮断し、住宅の安全を守ります。

製品・技術ニュース一覧へ

商品ピックアップ

ホーム分電盤 カテゴリ一覧

ホーム分電盤選定ガイド「ハウスタ」 選定 見積 作図

負荷名称作成ソフト「らべるくんWeb」

一次側プラグイン構造

・一次側プラグイン構造のためねじが無く、ねじの増し締めの必要がありません。
・電圧切替、相切替が可能です。(2P2Eブレーカ)

分岐ブレーカの取付け

1)分岐取付台のブレーカ取付溝に合せ取付開始位置にブレーカを置き、水平に押し込みます。

2)ブレーカを水平に押し出して、主幹バーへプラグを押し込んでください。

3)分岐ブレーカ二次側(後方)のストッパーが降りているか確認してください。

分岐ブレーカの取外し

1)ブレーカのハンドルをOFFにして、ストッパーを必ず上げてください。

2)ブレーカ未固定状態ではストッパーが電線挿入部を塞いでいます。

3)ハンドルに指を掛け負荷側へ水平に引いてください。

二次側速結端子構造

・電線を差し込むだけで配線が完了するため大幅な配線時間の短縮が可能です。
・工具不要で電線の取外しが可能です。

電線の接続方法

1)ストリップゲージに合わせて電線の被覆を15mmむいてください。

2)電線を差し込みます。(VVF電線の際は解除レバーの色で確認できます)

3)接続完了表示が確実に出るまで差し込んでください。

電線の引外し方法

1)ブレーカのハンドルをOFFにして、ストッパーを必ず上げてください。

2)解除レバーを下に押し下げながら電線を後方に引き抜きます。

絶縁抵抗測定

1)解除レバー下の銅板が露出した箇所で負荷側配線の絶縁抵抗測定が可能です。