Policy
環境方針

当社では、1994年度の環境方針策定以来、長期的な展望に立脚して地球環境保全活動に努めています。
2001年3月にISO14001の認証を受け、継続的に環境活動を進めています。
2015年には、ISO14001が改訂され、当社も2017年度より2015年版に適合した環境活動をスタートしています。
今後も、製品・サービスをとおして、より環境保全へ貢献していきたいと考えています。

理念

当社グループは、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、企業の自己責任として効率的な環境管理システムを構築し、事業活動・製品及びサービスの全ての活動において、「CO2排出削減」「廃棄物の発生抑制」「人と自然との共生」を推進し、持続可能な社会の確立へ寄与します。

方針

当社グループは、「環境に貢献する新たな価値をつくり出し、美しい地球を次世代につなぐ」企業として以下の原則を履行します。

1. 環境関連の法律・条例・協定等を遵守します。

2. 事業活動、製品及びサービスの環境影響をライフサイクルで捉え、以下の環境目標を定め、環境保全型企業を目指します。

  • 製品環境負荷の削減(エコ製品化)
  • 有害化学物質の使用規制
  • 地球温暖化の抑制
  • ゼロエミッションの定着・維持、排出物削減(発生抑制)

3. 積極的な環境保護活動を推進し、下記のテーマに取り組みます。

  • お客様へエコ製品の提供
  • 地域社会の一員として地域保全活動を通じ自然との調和を図ります。
  • 環境に配慮した資材調達や物流を推進します。
  • 環境汚染の予防に取り組み、安全・安心を地域社会に提供します。

4. 環境に関する情報開示に努めます。

5. この方針を、役職員含むすべての業務従事者に周知し、展開します。

モーダルシフト「エコレールマーク」と「エコシップマーク」に認定

日東工業では、環境や社会に配慮した製品開発など、さまざまな活動を通して持続可能な社会の実現を目指しています。
物流においても、国土交通省などが中心となって行っている「モーダルシフト(陸上輸送を環境にやさしい海運・鉄道輸送に転換する取り組み)」を積極的に推進。 中津川工場製作のキュービクルの配送においては、鉄道貨物輸送を一定以上行っている商品または企業として、「エコレールマーク」認定を受けています。 また、生産・物流拠点のある菊川工場から唐津工場への配送においては、海上貨物輸送を一定以上の割合で利用した企業として「エコシップマーク」認定を受けています。

「COOL CHOICE」への賛同

日東工業は、政府を挙げた国民運動である「COOL CHOICE」への賛同企業として、各種取り組みに参加しています。

「COOL BIZ」・「WARM BIZ」への取り組み

「COOL BIZ」・「WARM BIZ」は、環境省の推奨期間に合わせて実施しています。期間中は「ノーネクタイ」や「環境に合わせた服装の調節」を行うことで、エアコン設定温度を夏は28℃、冬は20℃としています。ご来社の際には、お気兼ねなくお気軽な服装でお越しください。

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」への参加

毎年、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」へも全社で継続的に参加しています。環境省が2003年から呼びかけている全国的な取り組みで、日東工業では看板灯以外でも実施可能な範囲での消灯を実施しています。