Biodiversity
生物多様性

自然との調和を目指して

私たちの事業活動は製品を製造するうえで、材料・水などの自然の恩恵を受けて成り立っており、その事業活動によって自然を破壊してしまっては持続可能な社会を構築することはできません。
当社では以下の地域貢献を進めています。

生物多様性への取組み

企業の森づくり運動

私たちは事業活動によってCO2を排出する立場でもあることから、そのCO2を吸収してくれる森林を保全することは企業の社会的責任の1つと考えます。東北日東工業(現在は花巻工場)では、2012年に岩手県・花巻市の3者間で「企業の森づくり活動」の協定を締結し、花巻市にある胡四王山の市有林5haを保全しています。
この胡四王山は、宮沢賢治の短歌「丘」という作品の舞台となった場所でもあり、イベントも数多く行われ、毎年多くの方が訪れます。市民の憩いの場でもあるこの地を定期的に草刈りや植樹などの活動を行い、環境保全に取り組んでいます。

外来種の駆除

私たちは自然環境から受け取る「恵み(生態系サービス)」によって支えられています。しかし、かつてない種の絶滅がこれを脅かす存在となっており、その原因の1つとして外来種の侵入が指摘されています。特に、オオキンケイギクは強靭な生命力で日本固有の野草を駆逐してしまうため、生態系への影響から外来生物法で「特定外来生物」に指定されています。
本社・名古屋工場では、みどり豊かな「公園工場」を推進するなかで、オオキンケイギクなどが根付かないよう注意し、外来種の駆除を進めています。